新着情報

熱海パールスターホテル(12月竣工予定)で当社が行った経済的な温泉資源活用について

熱海パールスターホテル大浴場イメージ

熱海パールスターホテル(現在建築中、2012年12月 竣工予定)は、ネスパが企画・設計、施工までコンサルティングしているホテルで、熱海の顔といわれる熱海サンビーチに面した絶好のロケーションのラグジュアリーホテルです。

熱海パールスターホテル外観

当社は土地の取得時からコンサルティングを行い、旧つるやホテルが所有していた90°Cで日量100トンもの豊富な自家源泉を、このホテルの客室の露天風呂や大浴場の利用だけではなく、浴槽の加温や給湯の熱源としても計画いたしました。

熱海パールスターホテル客室イメージ

国内の主要温泉地では、温泉資源の保護のため新規の温泉開発が制限されているる区域があり、熱海の市街地の大半もその区域に指定されていることから、熱海パールスターホテルにとって、源泉は貴重な経営資源となっています。

自家源泉イメージ

当社は温泉の開発から、掘削・利用までの一連の業務に長年取り組んでおり、開発ポイントを指定していただければ、計画地での温泉資源の可能性及び開発コストの総額を提示することも可能です。

温泉資源は、資源・許認可・利用計画の【3つの要件】の最適な条件を求めることで、経済的な開発を実現できますが、これには長年の経験と実績が必要となります。

温泉の開発から施設の設計・施工、および運営管理まで多くの実績を有してきた当社ならではの、与えられた温泉を経済的に最も有効に活用するお手伝いをしております。